スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフターラストレイン

「アフターラストレイン」

帰りの駅 電車を待ち 雨に濡れる 時計見つめ 

赤い信号 未だ変わらない 時計の針は 雨に濡れ見えない
灰色の空 白い霧まとう 遠くは見えて 近くは見えない

憂鬱な僕を 追い抜いていく電車の 行き先を見たら 終点と書いてあるだけ 
プラットホームには 僕以外誰も居ない 最終電車に 乗れなかったのは誰だ

一人の駅 電車は来ない 傘は捨てた 飛ばされたな
雨の音は もう聞こえない その代わりに 足音する

赤い信号 未だ変わらない 何も来やしない そう思った矢先

憂鬱な僕に そっと傘を差し出した その手が誰なのか 顔は暗くて見えない
感謝の言葉を 伝えようとした時に はもう居なかった あれは一体誰なんだ

電車が来た なんだったんだ 時計の針 午後四時指す

憂鬱な僕を 乗せて走る電車は どこに向かうのか きっと雨の向こう側
プラットホームには 僕の捨てた傘を持つ 一人きりでいる それが誰か知っていた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

あとがき

この曲を作る前に「ZAZEN BOYS」のライブに行きまして、完全に影響受けまくってますというかもはやパクリ。アンプも左chはVoxだし、右はchはマーシャルヘッドにオレンジキャビとかどっかで見たことある編成だなぁ(すっとぼけ)もともとこういうアルペジオとか多くて~単音フレーズ多くて~みたいな曲は作りたかったのでちょうど良かったといえば良かったです。あと場所によっては4本くらいギター重なってます。ミックス大変だったけど面白かったのでこれからもやっていきます。歌詞は、駅のホームでボーッとしてたら思いつきました。ちょうど雨が降ってて、俺は辛いラーメン食った帰りで口がヒリヒリしてる時にボーッとしてました。だから特に意味は無いのかもしれない。あるのかもしれない。当時のことを思い出すにはあの辛いけど美味しかったラーメンをまた食うしかないのか。それはそれはとても辛い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

霜総湊

Author:霜総湊
ギターやDTMを少しかじってる程度のただの二次元オタク。文章力の無さに定評がある。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
リンク
ニコニコ動画マイリスト
soundcloud
来てくれてありがと~
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。