FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津々浦々記録所について

このブログは、二次元オタクで大体家に引きこもっている管理人の霜総湊が、自身のサークル「津々浦々通信所」のことや、特に何もない日常を雑多に書く落書き帳です。

霜総湊の自己紹介

機材リスト

普段はTwitterに多く生息しているので、もしよろしかったらフォローをお願いします。怪しいアカウントとかでなければ基本フォロバします。レスポンスが一番早いのもTwitterなので何かありましたらリプライ、DMでお願いします。

主な内容として、
・サークル「津々浦々通信所」の宣伝
・自作曲の歌詞置き場
・ニコニコ動画、soundcloud等に投稿した曲の宣伝
・音楽やアニメの話
・機材自慢
・適当な雑記
が含まれると思われます。

そんな感じでよろしくどうぞ。

Twitter
ニコニコ動画マイリスト
soundcloud
BOOTH
スポンサーサイト

IRを導入しました(比較音源有)

こんにちは湊です。

まともなブログを書くのは久しぶりですが、今回は機材レビュー的なやつです。

ギターアンプキャビネットIRを購入しました。

IRとはなんぞや?というと機材、音響環境、再生システムそれぞれが持つ音の特性を記録したオーディオファイルというわけです。
マーシャルのキャビはこんな風に鳴るぜ!オレンジはこうだ!みたいなものをwavかなんかで記録したものになりますが、詳しくは各自調べてください。

購入の理由としては、僕の好きなギタリストである某JKさんが、「自宅録音ではAmplitubeのヘッドにIRのキャビを使ってます。」
と、雑誌のインタビューに答えていたからです。

最近ギターの音にマンネリを覚えていた自分としては、All Amplitubeとは別の道としてIRのキャビも使えるのか~と感心し、IRの購入となりました。

購入したIRは「Red Wirez」です→ http://www.redwirez.com/
某JKさんもここのものを使っていると書いてあったのでとりあえずIRデビューはここに決めました。

複数のIRを購入したのですが、内訳としては
・1968年製Marshallキャビ(G12M25s搭載)('68 Marshall Basketweave • Vintage G12M25s)
・1968年製Marshallキャビ(G12H30s搭載)('68 Marshall Basketweave • Vintage G12H30s)
・現行Orange PPC412(Vintage30搭載)(Orange PPC412 4x12 • Vintage 30s)
・Ampeg SVT810(Ampeg SVT 810 • SVT 10s)
・Ampeg B15( Ampeg B15 • JBL D140)
です。

それぞれ自分が今までAmplitubeでメインに使っているキャビネットを購入してみました。(といってもAmplitubeはキャビネットのモデリングまでは各メーカ公式モデル以外何を基にしているかわからないんですよね。正直そこがとてもイケてないのですが、今回は予想ということで。)

で、このまま文章で続けていくのもあれなんで、AmplitubneのキャビとIRのキャビの比較音源を作りました。
各比較共通の繋ぎ順としては以下

LsL's Telecaster Type→EP booster(Vintage mode&Gain0)→RME firaface UC→SONAR→Amplitube(Amphead)→CabnetSimulator

では最初はMarshallから

◎Marshallキャビネット比較

Marshallキャビネットは、二つ購入しましたが、一般的な「Greenback」が載っている物で比較がしたかったので、IR側は「'68 Marshall Basketweave • Vintage G12M25s」、Amplitube側は「4×12 Closed25c」の設定としました。

それぞれマイクはSM57、マイキング位置としてはCapEdgeベタ付け(0inch)とします。
Amplitube上でのアンプヘッドは「JH Gold」です。JTM45モデリングです。詳細なセッティングはここでは省きますが、両方共おなじセッティングです。

では以下音源です。


マーシャルに関してはIRの方が完全に良い音しますね!ミッドの膨らみ、鋭いハイがきちんと出ています。

◎Orangeキャビネット比較

Orangeについては、Amplitubeからメーカ公式のモデルが出ているのでそれを使用します。

キャビネットについて、IRは「Orange PPC412 4x12 • Vintage 30s」です。一方Amplitubeは「4×12 PPC412」ですが、スピーカーがデフォだとVintage30でないため、スピーカーを「Brit V2」(Vintage30モデリング?)に変更しています。

それぞれマイクはSM57、マイキング位置としてはCapEdgeベタ付け(0inch)とします。
Amplitube上でのアンプヘッドは「OR120」です。詳細なセッティングはここでは省きますが、両方共おなじセッティングです。

以下音源です。


Orangeはどうなんだろう...Vintage30を使用しているからか、ちょっとハイが硬いですね。でもIRの方が自然なハイの出方をしていると思いました。耳に痛い部分があんまりないですね。IRの方が各帯域がバランス良く出ている気がします。

Amplitubeの方はスピーカの元になったモデルの特定が難しいので、今回使用した「Brit V2」がどういったスピーカをシミュレートしているの正確にはわからないので、もしかしたら別のスピーカーを使ってみたら良い音になるかもしれませんが今回はなるべく同じ条件での比較がしたかったのでvintage30のモデルであろう物を使いました。

ビンテージのorangeキャビってスピーカ何載ってるんだろう...

◎Ampeg キャビネット比較
ベースの繋ぎ順は以下です。
Fender Japan JB-62US→EP booster(Vintage mode&Gain0)→RME firaface UC→SONAR→Amplitube(Amphead)→CabnetSimulator

Ampegについては、Amplitubeからメーカ公式のモデルが出ているのでそれを使用します。

キャビネットについて、IRは「(Ampeg SVT 810 • SVT 10s」です。一方Amplitubeは「SVT-810E」です。

それぞれマイクはMD412、マイキング位置としてはCapEdgeベタ付け(0inch )とします。
Amplitube上でのアンプヘッドは「SVT-CL」です。詳細なセッティングはここでは省きますが、両方共おなじセッティングです。

以下音源です。


IRの方が元気な音してますね。程よく歪んでる気がする。Amplitubeよりも帯域のピークが少し上かな?と思いました。ローに行き過ぎてないのでこれならバスドラムの邪魔にはならないかな。ローがもっとほしければアンプ側でロー増やしてあげると良いかもですね。

◎まとめ
いかがでしたか?個人的にはIRの方が「スピーカを揺らして鳴っている」感じが出ていると思います。音色等の好みはあるとは思いますが。

結局IRでも最終的な自分の好みの音になるとは限りませんね。きっともっとIR界隈を探せば自分の理想に近いものと会えるのでしょが、IRは結局は他人のキャビネットでマイキングしたものなので、やはり自分でキャビネットを選んでマイキングして納得した状態でIRとして残すのが良いと思いました。

しかし、先述した通り、「スピーカを揺らして鳴っている」感が出ているのはIRの方だったと思うのでこれから湊の曲で積極的に使っていこうと思っています。

というわけで、新機材レビュー、形には残りにくいキャビネットIRについてでした。

ユキノオモイデ

今日は東京では雪が降っている。朝と言うか昨日のうちから雪が降るとか、電車が止まるとか、出勤するとか、東京終了とか、東京ざっこwとか大きな影響があるだろうようなことが言われている。前回こんなに大雪が降ったのはいつだろうか。あまり思い出せはしない。

自分も雪の煽りを喰らい、今日は定時前に退社することとなった。もちろん許可は取ってあるから問題はない。

帰りの道でも雪に煽られながら家路を急ぐ人たちで大勢であった。皆一様に傘を刺していたが、肩に雪が乗っていたり、頭に乗っている人もいた。
皆何を考えているのだろうか。概ね、早く家に帰りたいだの、電車が満員でうざいだの、早く帰れてラッキーだのあるだろうが、僕はきっとただ一人、違うことを考えていた。

それは、幼馴染?腐れ縁?の女の子のことである。

名前は「オガワユキノ」ということにしておこう。

ユキノと僕は幼稚園小学校中学校高校大学と全て同じ場所に通っていた。まさに腐れ縁と言うべきだろうか。学生時代にはどんなときでも彼女の顔があった。
と言っても、僕たちは特に仲が良かったわけではなく、幼馴染の関係性ではよくある家が近所だとか、母親同士が仲良かった、とかその程度の理由で昔からよく知っているだけの関係であった。きっと会話もそんなにたくさんしたこともないと思う。今は何をしているのか知らないし、特に連絡を取っていないどころか連絡先すら知らない。

そんなわけで学生時代を同じ学舎で過ごしたとは言え、そんなに関係があったわけではない彼女を、もう何年も顔を見ていない彼女を、どうして雪の降る、吹雪いている日に思い出しているかというと、彼女が、本当に冬の似合う、雪の似合う女の子であったからだ。

そういうと彼女の容姿がきっと肌が白くて、黒髪ロングストレートで、なんか憂鬱気な表情をいつもしていて全体的に儚い雰囲気を纏っていると思うかもしれないが、別にそういうわけではなかった。
外見は言及をしすぎると特定の恐れがあるから深くは言及はしないが、街中でよく見る普通の学生を思い浮かべてくれれば十分である。しかも性格は勝ち気なところがあって、僕と話すたびにお互いを煽り、それで笑い合ってたような女の子であった。

ではそんな彼女が、なぜ冬の、雪の似合う女の子として僕の中でイメージ付けられていたのか。

僕が今の住居に引っ越す前、まだ彼女と家の距離が近くてかつ、帰りにたまに会って少し話をして別れる程度の距離感だった頃、小学生か中学校1年生くらいのことだろうか。

ある雪の降る、確か吹雪いていなかったか、まぁ今日のような日に、下校の途中、僕は彼女が前を歩いていることに気がついた。雪が降っていたのでもちろん傘を刺していた。その当時はまだ普通に会話ができる時代であったから、声をかけようかなと思いはしたが、雪の降る中駆けていくのは面倒だと思ったのか、ともかく声をかけなかった。ただ彼女と同じ道同じ方向を同じ速度で熱くだけだった。途中僕が何を思っていたのかまでは覚えていない。

お互いの家の近くを歩いている時、僕の少し前を歩く彼女がふと足を止めた。家の近所とはいえまだ足を止めるには早い距離。何があったのかなと思いつつも、早く家に帰りたかった僕がひと声かけて追い越そうと思い立った時であった。

彼女は傘をくるくると回し始めた。傘に積もった雪がポロポロと落ちてゆくそれだけだと、雨の時と同様に傘を回して遊んでいるだけだが、僕も足を止め、彼女の行動を見守ることにした。僕の前で彼女の傘がくるくると回っている。雪はポロポロと落ちる。普段はそんなことをしないで傘を人に向けて開閉を繰り返して遊んでいる彼女だったし、家の前で傘の雪を振り落とすにしては勢いが弱いし、家からはまだ距離があるしでその行動の真意が謎だった。

もうちょっと近づいてみよう。僕はそう思い歩き始めた。なるべく足音を立てずに彼女の時間を邪魔しないように。

近づいても彼女は傘をくるくるしている。こちらに気がついているのかわからない。気が付いたらその時点で雪玉投げてくるような女の子であったから気がついてはいないと思う。

彼女の顔が見えるまでの距離まで近づいた時、雪が、吹雪が一瞬止んだ(気がした)。日が差した(気がした)。彼女の周りだけ日の光で明るくなり、彼女は、光る雪の結晶を纏っているように見えた。
そしてその顔も、普段見せるドヤ顔、勝ち誇ったような顔ではなかった。彼女は、僕が彼女と知り合ってから一度も見たことのない顔をしていた。泣きそうだった。
その顔は少し触れただけでも崩れてしまいそうで、僕は、声をかけるのをためらった。ためらって、ためらってなにもせずに声すらかけずに逃げ出した。なにか触れてはいけないような気がした。

家に帰っても彼女のその姿が忘れられず、冬なのに熱を感じていた。その日は一日雪が降り、雲の隙間から日が差すことは一切なかったという。

そんな姿を見ていて以来、僕の頭では光る雪を纏いながら傘を回す彼女の姿が焼き付いてしまった。高校生になったら、彼女は僕とはまるで違う世界の人になってしまったから、話すことは全くなくなってしまったけれども、それでももちろん帰り道などは被るのでたまに時間が被る時があったりすると、姿を見かけたりする。
傘を刺しているときなんて本当によく昔の事だけど、まるでつい先日かのように、傘を回す彼女の姿を思い出すことができた。らしからぬ儚げな顔をしながら光る雪をその身に纏いながら傘を回す彼女の姿を。

大学も一緒だということには本当に驚いた。まさかここまで一緒になるとは思ってなかった。彼女は国公立を目指していたから。よもや私文の自分とは違う道に行くだろうと思っていたが。
同じ大学に行くとわかってからは、また少しずつ会話もするようにはなっていった。といっても彼女はとても意地悪だったから、連絡先は全く教えてくれず、通学路や構内で会ったときにだけ少し煽り合う程度だったけど、その時間が、付き合い方が、昔と変わらないでいて僕は好きだった。

大学時代は残念ながら傘を刺している姿を拝むことはできなかったが、会話をするようになったあたり、高校時代にお互いにあった雪は氷は溶け切って昔と変わらない付き合いができると思いこんでいた。

だが、完全に溶け切ってしまったら昔も、今も、未来も何も残らない。

彼女と僕が最後に話した会話はなんだっただろうか全く覚えていない、大学の通学路で少し会話をしたはずだが何も覚えていない。前述のようにもう何年も顔を見ていないし連絡先も知らない。彼女の存在は、僕の中でどこに行ってしまったのか。なにもわからなくなってしまった。
あの雪の降る日の謎の行動の真意ももう10年以上が経ってる今でもわかっていない。

それは



























今までの話が全部嘘だからかな。

曲が

できねぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




寝よう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

おやすみ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

俺のギターがかっこよすぎる件について

こんにちは湊です。

Twitterでは散々言ってますが、新しいギター買いました。

C2tPclGUAAAaqhQ.jpg

LsL Instruments T-BONE/Rose

テレキャスターです。Fenderではありません。

ジャズマスターやらテレキャスターやらを昨年の12月辺りから探しはじめて色々な楽器屋さんを周り、色々なギターを弾いて
中でも一番ティンときたこのこの子を買いました。

ボディーはアルダー、指板はローズウッド、ボディーにはバインディングという今でもよくある普通のカスタムテレキャスター。

IMG_3571.jpg

細かいパーツの詳細は分からないが新品で買ったため、LsLの標準仕様が乗っていると思われる。フレットはジムダンの6105かな。ピックアップ、ブリッジ、ピックガードはLsLオリジナル。フィニッシュはもちろんラッカー。書けば書くほど普通のテレキャスター。

この子を買ったMYJ楽器のサイトには「66年CBS期のテレキャスを再現!」と書いてあるが、何故かスラブボード。

IMG_3583.jpg

スラブボードはCBSどころかPre CBSの63年かそこらに終わってるはずなのになぁ...まぁスラブボード好きなので良いですが。まさか自分がCBS期のレプリカを買うとは思っていませんでした。まぁ良い音だし、多少はね?

とは言っても、スラブボードテレキャスターも現在でもよくある普通の仕様。

だがこの子が普通のそこら辺にあふれているテレキャスターと違うのはネックの太さ。単純に太いというわけではなく、相当太い。自分の所持しているTokaiのレスポールと同等な太さも持っており、最初に握ったときにはその太さに驚いた。しかし、太いと言っても弾きにくいわけではなく、普通に問題なく弾ける。自分は元々レスポールを弾いていたからか、最初に現在所持しているストラトを握った時よりもしっくり来た。そのネックの太さと名前から想像着くのは容易いが、とにかく太く、骨太で、ファットな音が出る。

またネックの太さと相反してボディーはとても軽い。厳密な重量は測っていないが、所持しているギターでは一番軽い。ボディーが軽いのでピッキングに対する反応がとても良いしスピードが速い。アタックのスピードは歪ませないクリーンなときに顕著現れるが、前述のネックの太さもあって良い意味でハイ落ちしており、気持ちのよいアタック音が聞ける。

またギター本体の歪の量がとても少ない。クリーンな音が出る分アンプの歪を抱きかかえるように受け止めてくれる。そして、出音がおそらく多くの人が想像しているテレキャスターと違いチャカチャカしていない(もちろんそういう音も作ろうと思えば作れるが)

前述のネックの太さ、ボディーの軽さ、歪の少なさ、これらが要因で中途半端に弾くと中途半端な音しか出ない。適当に歪ませて、ブライトな元気な音が出て、良い音に聞こえるということがない。改めて自分のギターの下手さを思い知らされた...
しかし、このような特徴のおかげかレンジがとても広く、シングルの特徴でもあるハイから、現行シングルギターでは考えられないローまでしっかり音が出る。バッキングからリードまでなんでもできる良い子。良くできたビンテージレプリカとはこういうギターのことを言うのではないだろうか(ビンテージテレキャスター弾いたことないが)

アンプとの組み合わせではOrangeとの相性が抜群。ストラトではなんか違う感があってMarshallをメインにしていたが、この子をメインに使っていくならOrangeをメインにしようかと考える程度にはバッチリ合う。だけどMarshallでもいい音鳴るぜ!

ただ、テンションが少しきついかな?という面もあり、弦高については試行錯誤中...弦のゲージはレギュラーで譲れないので、弦高でうまいこと調整できたら。今はリチャードココを張っているので弦自体のテンションは低いとは思うが。この子のテンションが高いのかもしれないが、その辺はピッキングとともに要研究。

今まで張った写真でもわかるとは思うが、レリック加工が全体に及んでいる。

IMG_3590.jpg

IMG_3584.jpg

IMG_3578.jpg

個人的にはこういうビンテージライクなギターはレリック加工が合った方がかっこいいと思っているので、むしろ好き。というかレリックの出来も含めて選んでいる。ギターは見た目も大事。

あと、LsLの特徴として、ギター一本一本に名付けられているのです!しかも女の子の名前で!この子は「Liz」ちゃんといいます!

IMG_3581.jpg

Lizなので日本語的に言うと「りさっぺ」ですね!(オタク特有の脈略のなさ)

なまらめんこい!

こんな感じで。これからはこの子をメインに活動していけたらと思うのでよろしくお願いします。
良い音鳴ってるのでこれからはギターの音にもっと注目していただけたらと思います!
それではまた!

次買うギターはレスポールスペシャルかなぁ
プロフィール

霜総湊

Author:霜総湊
ギターやDTMを少しかじってる程度のただの二次元オタク。文章力の無さに定評がある。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
リンク
ニコニコ動画マイリスト
soundcloud
来てくれてありがと~
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。